カタログ ダウンロード - コラジェン・ファーマ株式会社

ラミニン由来細胞接着ペプチド
◆ コラーゲンなどの接着基質の代わりに使えるラミニン由来合成ペプチドです。
◆ レセプター特異的に結合し、様々な細胞の培養に利用可能です。
AG73
Morphology of human dermal fibroblasts on AG73
(RKRLQVQLSIRT, mouse laminin α1 chain 2719-2730)
EF-1
Morphology of human dermal fibroblasts on EF-1
(DYATLQLQEGRLHFMFDLG, mouse laminin α1 chain
2747-2765).
20nm
AG73
Morphology of Rat pheochromocytoma, PC12 cells on
AG73 (RKRLQVQLSIRT, mouse laminin a1 chain
2719-2730).
How To Use
350
接着細胞数 (cells / 0.67mm 2 )
300
①
AG73
250
200
150
100
AG73T
②
(コントロールペプチド)
50
0
0.001
0.01
0.1
1
ペプチド量 (μ g/well)
Comparison of cell attachment activities of the active &
non-active peptides against the peptide volume.
③
1時間培養し、染色した接着細胞
① ペプチド溶液を細胞培養用プレートに加える。
②クリーンベンチ内で乾燥させる。
③ BSAなどでブロッキングした後、細胞を懸濁させた溶液を加え
CO2インキュベーターで培養する。
東京薬科大学 薬学部
病態生化学研究室 HPより転載
http://www.ps.toyaku.ac.jp/~nomizu/
10
カタログ№
KP003
KP004
KP005
製品名・配列
特徴
EF-1
DYATLQLQEGRLHFMFDLG
AG73
RKRLQVQLSIRT
A208
AASIKVAVSADR
KP006
C16
KP007
A3G756
KAFDITYVRLKF
KNSFMALYLSKGRLVFALG
(mouse laminin α 1 chain 2747-2765)
◆a21 integrinと特異的に結合
◆フォーカルコンタクトを伴った強い細胞進展活性
¥30,000
(mouse laminin α 1 chain 2719-2730)
◆強い細胞接着活性
◆Syndecanと結合
◆神経突起伸長活性
◆肝臓へのがん細胞転移促進
◆細胞分化促進活性
◆血管内皮細胞管腔形成促進活性
◆創傷治癒活性
¥25,000
(mouse laminin α 1 chain 2097-2108)
◆がん細胞転移浸潤促進活性
◆MMP誘導活性
◆細胞分化促進活性
◆神経突起伸長促進活性
◆110kDaタンパク質(IKVAV受容体)と特異的に結合
¥25,000
(mouse laminin γ 1 chain 135-150)
◆強い細胞接着活性
◆神経突起伸長活性
◆がん細胞転移浸潤促進活性
◆MMP誘導活性、血管新生促進活性
¥25,000
(human laminin α 3 chain 1411-1429)
◆シンデカンと結合
◆強い細胞接着活性 神経突起伸長活性
◆創傷治癒活性、上皮細胞に対し強い接着・遊走活性
¥30,000
〔Laminin-111〕
〔参考文献〕
α 1鎖
(A1-A208)
β 1鎖
(B1-B187)
γ 1鎖
(C1-C165)
C16
A208
EF-1
(a3:A3G756)
AG73
価格
(1mg)
Gドメイン
(AG1-AG113)
コラジェン・ファーマ株式会社
〒615-8245 京都市西京区御陵大原1-36
京大桂ベンチャープラザ北館S03
TEL/FAX:075-391-5595
E-mail:hiroshi_nose@kolagen-pharma.com
【EF-1】
・Suzuki, N. et al. (2003) J. Biol. Chem. 278: 45697-45705
(original)
・Yokoyama, F. et al. (2005) Biochemistry 44: 9581-9589
・Hozumi, K. et al. (2006) J. Biol. Chem. 281: 32929-32940
【AG73】
・Nomizu M. et al. (1995) J. Biol. Chem. 270: 20583-20590
(original)
・Hoffman, MP. et al. (1998) J. Biol. Chem. 273: 28633-28641
・Hoffman, MP. et al. (2001) J. Biol. Chem. 276: 22077-22085
【A208】
・Nomizu M. et al. (1998) J. Biol. Chem. 273: 32491-32499
(original)
・Nomizu M. et al. (1992) J. Biol. Chem. 267: 14118-14121
・Nomizu M. et al. (1995) FEBS Letters 365: 227-231
【C16】
・Nomizu, M. et al. (1997) J. Biol. Chem. 272: 32198-32205
(original)
・Ponce, ML. et al. (1999) Circulation Res. 84: 688-694
・Ponce, ML. et al. (2001) FASEB J. 15: 1389-1397
【A3G756】
・Utani, A. et al. (2001) J. Biol. Chem. 276: 28779-28788 (original)
・Utani, A. et al. (2003) J. Biol. Chem. 278: 34483-34490
・Araki, E. et al. (2009) Mol. Biol. Cell, 20: 3012-3024